ABOUTフェムトの特色

メガベンチャーを作ろう

TARGET

・対象企業 [メガベンチャーを目指すITを用いたスタートアップ]

起業家には高い目線が重要です。目線の高さは優秀な人材を引き寄せ、実際に社会的に価値のある企業を生み出します。そして、その高い目線のビジョンを成功させるため、大きな企業価値を生むビジネスモデルと戦略が必要です。

・投資フェーズ [シードからアーリー中心]

すでにサービスインしているか、プロトタイプができているなど、サービスインの確度が高い企業を投資の対象としています。

・投資金額 [1億円以上]

実績で1社あたり平均1.5億円程度を投資しています。

・地域

経営陣と密にコミュニケーションを取るため、東京都心部に本社機能がある企業への投資を原則としています。

ビジネスモデル図

ビジネスモデル図

FEATURE

    • 戦略のディスカッション

    • 戦略のディスカッション

      成長のためには、高い企業価値が期待出来る新たな領域と事業構造を見つけ出し、そこに到るための戦略を立てる必要があります。進路を自由に選択できるシード、アーリーステージのうちに戦略をディスカッションします。

    • ハンズオン

    • ハンズオン

      成長のフェーズに合わせて、次回以降の資金調達、CXOの採用、M&A時の交渉、上場準備等に対するアドバイスなど、様々なハンズオンを行っています。

    • グロース

    • グロースするための資本政策の提案

      フェムトはベンチャーの株式を「安く買うほど得」なものとは考えていません。経営陣や従業員が力を最大に発揮でき、ベンチャーの最大の武器である「株式の力」を最大限に引き出せる資本政策を提案します。

    • 優先株式での投資

    • 優先株式での投資が原則です

      事業が困難な状況になったときにも、起業家と投資家との間で適切な持分や権限の配分が行われるようなフェアな優先株式を提案します。

    • グロース

    • 各種ファイナンス・スキームの提案

      Femtoは、ベンチャーを大きく成長させるために必要となる、望ましい資本政策やファイナンス・スキームをご提案します。

      これらについては、Femtoのゼネラルパートナー磯崎哲也の著書が参考になるかもしれません。

  • スピンアウト

    既存の企業の中の事業や上場企業の子会社をスピンアウトし、種類株式を使って経営メンバーが大きな持株比率を持つことで、たくましい成長に結びつけることができます。

  • 資本構成の是正

    創業初期の段階で外部の株主に大きな比率を持たれて、その後の成長ができなくなっているベンチャーでも、種類株式を活用することで資本構成を是正し、成長を加速することができます。

  • Convertible Equity、転換社債

    Series A、Series Bの資金調達は、ベンチャーの成長過程でも最も難しい時期です。こうした時期にフェアな条件のブリッジ・ファイナンスをすることで、成長の後押しをします。

フェムトフェムトパートナーズの概要はこちら